住まいの知識|水道管の寒波対策

  • 投稿日:2018年 2月 3日
  • テーマ:


気温がマイナス4℃以下になると、水道管の水が凍って水が出なくなったり、水道管が破裂する事故が多くなります。
北向きの日陰や、風当たりの強いところにある水道管、また野外にある蛇口やメーターボックスは特に注意してください。
溝辺町 工務店
 凍結防止対策 
湧水町 工務店
水道管及び蛇口等に保温材や布・毛布等を巻きつける
・特に冷え込みが予測される時は、お休み前に浴槽などの蛇口を少し開けておく
・太陽熱温水器や湯沸かし器等はあらかじめ水を抜いておく
 凍結で水が出ないときは 
伊佐市 湧水町 建築
気温の上昇によって自然に溶けるのを待ちましょう。
凍った部分にタオルをかぶせ、その上から「ぬるま湯」をゆっくりとかける。
熱湯をかけると水道管や蛇口が破損する場合があるので、絶対に止めてください。
 破裂・水漏れしたときは 
湧水町 建築 リフォーム
止水栓(量水器ボックスの中にあることが多い)を閉めてから、給水装置工事業者に修理を依頼してください。
横川町 建築 リフォーム
2016年1月下旬。大寒波の影響で凍結を原因とする漏水が多発しました。
破裂してからでは部材を調達するのも時間が掛かります。
早めの凍結対策をお薦めします。
記事の一覧に戻る

  • お知らせ|低金利リフォームローン!

  • こちらは、住まいのさまざまなリフォーム工事に対応した便利ローンです。予算でお悩みのお客様にご希望のリフォーム工事を実現していただけるサービスとして"おトク"なこの機会にぜひご活用くだ
    >>詳しく見る